レーシック、ひと口メモ・ホーム >>

レーシックとは

ナビボタンレーシックとは

1990年,はじめてレーシックの手術が行われました。

レーシックは角膜の上にマイクロケラトームを固定して,
ヒンジ付きフラップを作ります。

作製したフラップをめくり角質実質層を剥き出しにし,
そこへエキシマレーザーを照射します。

フラップを元の位置に戻して終了です。

フラップは角膜実質層まで届く厚みで,
これにより角膜の表層部をそのまま温存することができます。
このことで手術の安全性が高まり,手術後の視力回復が高まりました。

術後2時間ほどで視力は回復するようです。

レーシックはPRKやLASEKやエピレーシックと異なり角膜に濁りが
生じにくいという利点があります。

copyright©レーシック、ひと口メモAll Rights Reserverd.