レーシック、ひと口メモ・ホーム >> レーシック手術、ひと口メモ >>

レーシック手術

ナビボタンレーシック手術

レーシックはマイクロケラトームを用いてフラップを作製する屈折矯正手術です。

まず,麻酔を点眼します。

その後,眼球に陰圧をかけて,眼球の圧を高めます。

これにより眼球が硬くなります。眼球が硬くなることで角膜は切りやすくなります。

圧をかけるために眼が重い感じがして,光が見えにくく,暗くなると感じます。

フラップを形成には数十秒かかります。

フラップを形成したら眼球にかけている圧を解除します。

フラップをめくり,角膜にエキシマレーザーを照射します。
約20~60秒で照射は終わります。

レーザー照射が終わったら元の位置にフラップを戻し3分間まって
フラップが元の位置に密着することを確認して手術を終わります。

この間15分です。

copyright©レーシック手術、ひと口メモAll Rights Reserverd.