レーシック、ひと口メモ・ホーム >> レーシック失敗・後遺症、ひと口メモ >>

レーシックと合併症:角膜混濁

ナビボタンレーシックと合併症:角膜混濁

PRKやレーゼック,エピレーシックに起こる合併症で,ボーマン膜が失われる
ために起こると考えられています。

レーシックやイントラレーシックではこれらの術式に比べて発生頻度が
少なくなっています。

角膜混合が起こった場合でも,半年ほどかけて徐々に軽減します。

しかし,混濁が残るような場合には,ステロイド剤やマイトマイシンという
抗がん剤に使われる点眼剤を処方して,悪化を防ぎます。

また,角膜表面を切除し混濁した角膜を除去するなどの対応をとることもあります。

重度の角膜混濁の場合,角膜移植を行う必要が出てきます。

また,レーシック手術の後一週間ほど起こる角膜混濁は,
角膜上皮層が再生するために必ず起こるものです。

copyright©レーシック失敗・後遺症、ひと口メモAll Rights Reserverd.