レーシック、ひと口メモ・ホーム >> レーシック失敗・後遺症、ひと口メモ >>

レーシックと合併症:グレア,ハロなど夜間視力の低下

ナビボタンレーシックと合併症:グレア,ハロなど夜間視力の低下

レーシック手術を行うと,角膜のカーブが変わります。
そこで,レーザーがあたった部分とそうでない部分での光の屈折に差ができます。

強度近視だった人に自覚されます。

暗い中でものを見る夜間視力が下がり,暗いときだけ眼鏡が必要となる人もいます。

また,夜間に光が散乱し,ものがにじんで見えたり,
二重に見えたりする夜間グレアや,光がぼんやりとかさかぶったように見える
夜間ハロ現象が起こる場合があります。

グレアやハロが出た場合,眼精疲労がひどくなり,
肩こりや頭痛がすることもあります。

ハロはフラップの固着とともに軽減していくことがあります。

copyright©レーシック失敗・後遺症、ひと口メモAll Rights Reserverd.