レーシック、ひと口メモ・ホーム >> レーシック失敗・後遺症、ひと口メモ >>

レーシックと合併症:ドライアイ

ナビボタンレーシックと合併症:ドライアイ

レーシック手術をうけるとドライアイになるというイメージは強いのですが,
全員が全員ドライアイになることはありません。

しかしレーシック手術では角膜にメスを入れるために
ドライアイが起こりやすくなります。

角膜には多くの神経が通っているのですが,フラップを作るために
この神経を切ってしまうためだと考えられています。

ドライアイは手術後1ヶ月ほどで徐々に回復しますが,
ドライアイが悪化すると角膜炎となり,一時的に乱視が発生します。

回復が悪いときは点眼薬をさしたり,涙点プラグを使用したりします。

安全性に問題があるようなドライアイがひどい人は
レーシック手術を受けることはできません。

copyright©レーシック失敗・後遺症、ひと口メモAll Rights Reserverd.