レーシック、ひと口メモ・ホーム >> レーシック老眼、ひと口メモ >>

老眼

ナビボタン老眼

眼を調整する力は,年をとるとともに衰えていきます。

ピントを合わせることのできる範囲が狭くなり,
ピントを調節することのできる一番近くの点が遠ざかります。

老眼は,平均45歳~47歳の頃から出てくる老化現象です。
近視の人は遅く,遠視の人は早くなるようです。

老眼になってもし眼鏡を使わないと,
眼精疲労がひどく,肩こり,全身の疲労感の原因となります。

大病の後や出産後など,
体力が著しく低下したときにも老眼と同じように調整力が著しく衰えることが
あります。

この場合は,老眼と同じ眼鏡を使用すると,眼精疲労などを防ぐことができます。

同時にビタミンBやATPなどの薬を使うことで治ります。

copyright©レーシック老眼、ひと口メモAll Rights Reserverd.