レーシック、ひと口メモ・ホーム >> レーシック:豆知識、ひと口メモ >>

レーシック豆知識:オルソケラトロジー

ナビボタンレーシック豆知識:オルソケラトロジー

寝ている間に特殊なコンタクトレンズをつけることによって近視を矯正する方法を
オルソケラトロジーといいます。

軽度な近視や仮性近視に効果があります。

このコンタクトレンズには近視を矯正するために特殊な形をしています。

寝ている間にこのレンズをつけているので,角膜はレンズの形に癖がつきます。

その為,日中,レンズを外していても,
癖付けされた角膜はその形を維持しその為視力が矯正されます。

癖付けがされる間,レンズを外した後はよく見えていても,
だんだんと見えにくくなる現象がおきます。

しかし,一ヶ月ほど使用していると日中の視力の戻りはほとんどなくなります。

しかし,オルソケラトロジーでは恒久的な視力回復は望めません。

copyright©レーシック:豆知識、ひと口メモAll Rights Reserverd.